読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『書物の迷宮』予告篇

思い出したように本を読み、本の読み方を思い出す

ジャック・ヴァンス『奇跡なす者たち』

「黄色! それだけは、いかなる陶匠もいまだ創りだすことの出来ぬ幻の色。鉄はくすんだ飴色しか呈さず、銀は灰黄色に濁り、アンチモンは〈窯焼山〉の高熱に耐えきれぬ。醇乎として醇なる黄色、日輪の黄色――おお、それこそは、われらが求めてやまぬ夢の色……」…

グレッグ・イーガン『プランク・ダイブ』

「そんな苦しみをあたえるどんな権利が、わたしたちにあるというんですか、いったい?」 「きみは自分が今ここに存在していることに感謝しているだろう? 進化上の祖先たちがどんな苦しい目にあってきたとしても」 ― グレッグ・イーガン「クリスタルの夜」 …

ウラジミール・ソローキン『青い脂』

個体オブジェクトは七体。トルストイ4号、チェーホフ3号、ナボコフ7号、パステルナーク1号、ドストエフスキー2号、アフマートワ2号、プラトーノフ3号。 ― ウラジミール・ソローキン『青い脂』 額を怪我して入院していたので、ゆっくり本が読めた。 ソローキ…

ジョルジュ・ペレック『給料をあげてもらうために上司に近づく技術と方法』

リラックスしてください! ―ジョルジュ・ペレック『給料をあげてもらうために上司に近づく技術と方法』 『給料をあげてもらうために上司に近づく技術と方法』という実用書めいた本を書いたのはフランス語の再頻出母音Eを含まない小説『煙滅』などの作者ジョ…

円城塔『シャッフル航法』

強引でもいい。 逞しく育ってほしい。 ― 「Beaver Weaver」 円城塔の書く話はわりと好きで、ここ最近めっきり本を読まなくなったなかでも思い出したように読んでいる。 今回の『シャッフル航法』のなかでは個人的にカート・ヴォネガットのトラルファマドール…

ペレック『煙滅』

こうやって、すべてが反転するのだ。不足から飽和へ、束縛から奔放へ。想像の作用で暗黒が光華へと生まれ変わるのだ! ――ペレック『煙滅』 これもまた煙滅のある顕現。 かねてから伝聞漏れ伝わるところの、可能文学工房の作家ペレックの『煙滅』。 ある仮名*1…

五十嵐大介『SARU』上巻

最近めっきり本を読めなくなってしまっているけれども、漫画だけはなんとか読んでいる。 特に五十嵐大介については、単行本を確実に読むように心掛けたい、と思う今日この頃です。 先日地上波で映画『風の谷のナウシカ』が放送されていた。 宮崎駿の原作漫画…

伊藤計劃『ハーモニー』

この小説を読むときに、「これはユートピア=ディストピア小説」という先入観があったのだけど、実際には違った。 『ハーモニー』の世界は、病気というものが一部の遺伝病を除いて根絶された世界、WatchMeという体内のインプラントによって身体の恒常性が維持…

暗黒未満がクラスチェンジするための書籍リスト

よく分かりませんが自分は暗黒女子*1らしいので、それっぽい本のお薦めでも書いてみようかなと。 「耽美・異端・グロテスクに対する理解・共感」といった方向性でまとめてみようと思います。以下タイトルは適当です。 あとあまりマジメに本の解説をする気も…

ヴィリエ・ド・リラダン『リラダン全集1』

誕生日に5冊揃いで買ったうちの一巻目。相応の値段はしたけど、いま現在リラダンをまとめて読むにはこの本しかない。 収録作品は『残酷物語』『新残酷物語』『トリビュラ・ボノメ』。 『残酷物語』は既読だったので、『新残酷物語』から読み始めましたが、こ…

本棚画像

本棚を晒す - 心揺々として戸惑ひ易く 本棚画像のリクエストがあったので、携帯で撮ってみた。画像が小さい&荒くてすいません。 お気に入りの棚最上段。 左から夜想(復刊前、後),評論っぽいもの、精神心裡系、山尾悠子、山崎俊夫。 二段目。左から澁澤龍彦、…

山本タカト『ヘルマフロディトスの肋骨』

前々から予約していた特装版を入手。ちなみに500冊中の51冊目。 内容は、スパン・アート・ギャラリーでの『アリス幻想』展、パラボリカ・ビス『夜想 ヴァンパイア展』などで展示されたもの+小説の表紙絵その他から。 個人的には『アリス幻想』の図録に収録さ…

アンナ・カヴァン『氷』(復刊・改訳版)

前回の感想↓ わたしとわたしとわたしとわたし(アンナ・カヴァン『氷』) - 大よろこびする優しい雷鳴以下、内容に踏み込み気味なので未読の人は↑だけどうぞ。

ジョイス・マンスール『充ち足りた死者』

「だれかほかの人が、あたしの人生を生きてくれればいいのに。感じやすい情愛を切りもなく背負わされて、あたしは、酒のせいでとけとげしくなった老人たちにかこまれ、無気力の砂州に乗りあげることしかできないんだ。虚飾や淫蕩さや愚行に逆らえるほど厚か…

ジャン・ジュネ『ブレストの乱暴者』

以前読んだ同作者の『泥棒日記』と比較して、断然こちらの方が面白い。 この辺は主に訳者の調子が作品によく合っているかだろうという感じ。翻訳者は澁澤龍彦で、彼の翻訳作品のなかでも特に面白い部類に含まれる予感。 霧に包まれた街、水兵、強盗、殺人、…

津原泰水『赤い竪琴』

津原泰水『赤い竪琴』読了。 彼の鉱物質の上に神経が巡らされたような文章、それがときどきグズグズと肉質の柔らかいものに変わるところが好き。 今回は前者を十全に楽しむことができた。物語の種別的には、この小説は恋愛譚に分類されるかな。 津原泰水の書…

@monadoと戦うためのブックリスト

タイトルは適当。そもそもこのリストを作ったひとが勝負になっていないという……。 最初は人文科学部 - はてなグループ::ついったー部向けブックリストだったのですが、拡張されすぎておかしくなった。 本当はもっと体系的にする必要があるのだけど、うまくま…

山崎俊夫「指を磨く男」

山崎俊夫作品集・中巻『神経花瓶』の「指を磨く男」など読んでいたが、とても良い。 指への偏愛・自己愛がひたすら語られ続けるというだけの内容だが、指の見立てなどの幻想に電車内で恍惚とするなどした。 嘗て盲者(めしい)の指に触つた事のある人は、誰し…

ジェラルド・カーシュ『瓶の中の手記』

そろそろはてな記法も自分の文体さえも忘却の彼方なこの頃。ずっとTwitterとかUstreamで朗読したり東京で生活していたりします。 さておき、ジェラルド・カーシュ『瓶の中の手記』です。 最近、文章を読む速度と脳内で処理する速度が噛み合なくて本が読めな…

佐藤亜紀『雲雀』

佐藤亜紀の文章は、何かが自分が読みながらイメージを作るタイミングとズレているらしく、いつも引っ掛かりを覚えていたのだけれど、『雲雀』はある程度読み続けていたら、その感覚がなくなった。 そのせいか、この作品が今まで読んだ佐藤亜紀作品の中で、一…

ジェイムズ・エルロイ『わが母なる暗黒』読み中。

前知識無しに読み始めたんですが、この作品って作者の過去に基づく話なのだろうか。 冒頭に屍体で発見される女性の姓がエルロイで、原題が『My Dark Places』なので、そんな気が。 表紙には、当時の新聞記事の一部や屍体写真とおぼしきものも。 まぁ、後書き…

澁澤龍彦『妖人奇人館』

なんか本を読む気力が低下中なので、軽めの本を読もうと思って買ってきた。 久しぶりに弾いたギターが楽しくて、そっちにばかりかまけているのも原因の一つなんですが、どうも最近読む気力が湧かない……。妖人奇人館 (河出文庫)作者: 澁澤龍彦出版社/メーカー…

斉藤環『生き延びるためのラカン』

読み終わったものの、ちょっと飲み込みきれてない部分があるので明日辺りもう一度通読。 ちょっと文調のなれなれしい感じが気になったけど、かなり平易な語り口でラカンを語っていて、自分みたいな入門者にはちょうどいいんじゃないかと思った。 それにして…

竹宮惠子『地球へ……』 2,3

設定はけっこうシンプルだと思うんだけど、ストーリーというか人物の絡め方、エピソードの重ね方がすごくうまいと思う。 凝った設定を導入しなくても、ストーリーテリング次第でどうとでもなるということか。けっこう色々なSFの要素が取り込まれてて、SF好き…

竹宮惠子『地球へ……』1

テレビアニメが放映中らしく、それに合わせて出た新装版。萩尾望都好きな人にお薦めな感じ。 ストーリー的にはビッグブラザーもの+ミュータントものなSFというか。 作者の竹宮惠子は萩尾望都などを含む所謂「24年組」*1の人みたいですね。 一巻はまだ主要人…

5月に買ったり買わなかったりする本。

via:オンライン書店 本やタウン:文庫近刊情報より - 悪漢と密偵 5/10に佐藤亜紀の『雲雀』が文庫化。買わねば。 5月上旬に高橋葉介『夢幻紳士怪 奇篇』。これも買わねば。 松浦理英子の『ナチュラルウーマン』が新装版に。旧版を持ってるからいいか。 5月下…

『20世紀SF 6 1990年代 遺伝子戦争』

個人的にはちょっと物足りないなぁ。 ウィリアム・ブラウニング・スペンサー『真夜中をダウンロード』なんかは仮想現実やネット、人工知能などのガジェットが出てくるんだけど、なんか古くさく感じてしまう。 10年くらい前に読んでいれば、また評価が違うの…

萩尾望都『ウは宇宙船のウ』

萩尾望都とレイ・ブラッドベリ、合っているというか、両方の作風が合わさってとても面白い仕上がり。 萩尾望都画で、『10月はたそがれの国』とか『塵よりよみがえり』とか読んでみたくなる。 ブラッドベリの『集会』が収録されてるんですが、こんなに昔の作…

20世紀SF 1960年代

順番はバラバラに読んでます。単純にバラードや、興味があったトーマス・M・ディッシュなどの作家がいたので60年代から読み始めたのですが、読後はちょっと比較したくなったので、50年代に逆走。 60年代の作家、特にバラードやディッシュは、SF以外の手法を…

『20世紀SF 5 1980年代 「冬のマーケット」』

20世紀SF〈5〉1980年代―冬のマーケット (河出文庫)作者: 中村融,山岸真出版社/メーカー: 河出書房新社発売日: 2001/07メディア: 文庫購入: 8人 クリック: 62回この商品を含むブログ (23件) を見る河出文庫から出ている『20世紀SF』の5巻。80年代のサイバー…

アンナ・カヴァン新刊、ただし洋書。

ちょっと気になる。 邦訳は……出そうにないなぁ。洋書だけど、買ってしまおうかな。Guilty (Peter Owen Modern Classics)作者: Anna Kavan出版社/メーカー: Peter Owen発売日: 2008/02/04メディア: ペーパーバック クリック: 3回この商品を含むブログ (2件) …

中野美代子『眠る石』

元ネタが澁澤龍彦の『高丘親王航海記』などを連想させつつも、それよりも生真面目な文体で書かれているという感じ。 15の短篇は殆どが東方を題材としていて、その辺りから『高丘親王航海記』を連想しますが、むしろ文体は山尾悠子のような落ち着いたものを感…

続・初めてのPerl、その他

続・初めてのPerl 改訂版 『初めてのPerl』の続き。モジュールの扱いなど『初めてのPerl』で取り扱わなかった範囲を扱う。 モジュール関連は必須の知識っぽい雰囲気があったので、とりあえず購入。まだ『初めてのPerl』全部読み終わってないけど。 ViIMprove…

グレッグ・イーガン『ひとりっ子』

収録作のうち、数学嫌いでも楽しく読めた数学SF『ルミナス』、序盤の量子力学系の用語で彼方に置き去りにされるも何とか読み切れた『ひとりっ子』が特に面白かったかな。 ……なんて書くと面白くなさそうだな。 イーガンは人間を科学する作家というか、量子力…

『Katan doll』『Katan doll fantasm』『Katan doll retrospective』復刊

いつも通り新しい投票のお知らせだと思ってスルーするところだった……。天野可淡の人形作品集三作が復刊される模様。 http://blog.book-ing.co.jp/fukkanrepo/2007/02/3_f57a.html 三冊とも有名な割には長らく絶版、かつ古本屋で一万円前後で取引されていたり…

吉田良『 解体人形/Articulated Doll』

解体人形/Articulated Doll :吉田 良|河出書房新社 新作かと思ったら、既に持ってました。どうやら「並製増補新版」らしいです。 元の値段が確か5000円近かったので、3,780円は安……いのかな。 旧版の装幀がかなり好きなのですが、新版では…

『遠い女』を読書中。

ラテンアメリカの作家の短篇集、『遠い女』を読んでいるところですが、もしかしたらポーと合わせ読みすると面白いかもしれない。 個人的にボルヘスとラブクラフトは対照的ながらも、ポーを源流にしていると思ったのですが、ラテンアメリカ系作家へのポーの影…

マルドゥック・ヴェロシティなAA

エクスプロード お お 炸 裂 よ! 塵と灰に! ハ_ハ ('(゚∀゚∩エクスプロード ヽ〈 お お 炸 裂 よ! 塵と灰に!

『緋色のマニエラ』が復刻

緋色のマニエラ 改訂版 :山本 タカト|河出書房新社 山本タカトの『緋色のマニエラ』が復刻の模様。欲しい。

冲方丁『マルドゥック・ヴェロシティ』

賛否いろいろだった箇条書き的・状況報告的な地の文*1は、個人的にはあまり引っ掛かりを覚えなかった。 文章という点で言えば、良い意味で引っ掛かった文章がある。極度の疲労と覚せい剤によるもうろうとした意識の仲で味方を誤爆した過去を持つ主人公のフラ…

Software Design 2007年1月号

Software Design (ソフトウエア デザイン) 2007年 01月号 [雑誌]出版社/メーカー: 技術評論社発売日: 2006/12/18メディア: 雑誌 クリック: 2回この商品を含むブログ (11件) を見る微妙にテンパってて何書いたらいいか思いつかないorz。 巻末のPlaggerプラグ…

『コカイン・ナイト』読書中。

J.G.バラードは『結晶世界』と『クラッシュ』が既読ですが、この『コカイン・ナイト』が自分にとって一番分かりやすく、面白いかも。 熱的死を迎えていくコミュニティと、それをある手法で刺激していく話……と言った感じか。 序盤で説明される主人公の弟によ…

冲方丁『マルドゥック・ヴェロシティ 1』

まだ1巻しか出てないのに言うのもなんですが、傑作の予感が……。 まだ前作『マルドゥック・スクランブル』を読んでない方はそちらから是非。 あの作品より面白い賭事のシーンがある小説は、ない。

斬られて候.

町田康の『パンク侍斬られて候』の文庫判が書店に並んでいて,大変気になった.あとで買いたい. 「かいたい」を変換すると「解体」が一番最初に出てくるという猟奇的演出. ジル・ドゥルーズという人の『アンチ・オイディプス』が1ページ目から危険なほど…

国書刊行会の「これから出る本」

短編小説の快楽全5巻 ウィリアム・トレヴァー『聖母の贈り物』 キャロル・エムシュウィラー『すべての終わりの始まり』 レーモン・クノー『あなたまかせのお話』 アドルフォ・ビオイ=カサーレス『パウリーナの思い出に』 イタロ・カルヴィーノ『最後に鳥が…

京極夏彦の新刊/月刊COMICリュウ

京極夏彦の新刊『邪魅の雫』購入。明日から読み始め。 月刊Comicリュウという新刊雑誌を買ってみました。なんか、大昔に同じタイトルの漫画雑誌があったような気が。前に古本屋でガロの山と一緒に見たような。 とりあえず内容的に気になったのは、 吾妻ひで…

書くか書くまいか迷いつつ。

http://claudine.h.fc2.com/menu.html ギョーム・アポリネール『一万一千の鞭』、『若きドン・ジュアンの手柄話』、ピエール・ルイス『母親の三人娘』とか。まぁ、アレな小説ばかりですが。 『一万一千の鞭』は前に『血と薔薇』で粗筋を読みましたが、面白そ…

光文社古典新訳文庫

光文社古典新訳文庫 最近名作を新訳にするのが流行ってるのかな。新潮の『ロリータ』といい、みすず書房のサルトル『むかつき』やカミュ『よそもの』*1といい。以下、創刊ラインナップ。 シェイクスピア『リア王』 トゥルゲーネフ『初恋』 サン・テグジュペ…

『ガルシア=マルケス全小説』の噂と「10月は豊作」と言う話。

悪漢と密偵 新潮社が『ガルシア=マルケス全小説』という企画を立てているらしい。『わが悲しき娼婦たちの思い出』とか『コレラの時代の愛』とか、最近ガルシア・マルケス周辺は活動が活発ですね。ものよむひと(仮) - FC2 BLOG パスワード認証 10月、出版…

稲生平太郎『アクアリウムの夜』

うまく言えないけど、読後感が物凄く物憂い。 前に『アムネジア』を読んだときの感触も、「消化不良」じゃなくてこの「物憂い」だったかも。 物憂いというよりもっと拒絶反応っぽい感触もあるんだけど、この本が嫌いとか面白くないってことじゃないんだよな…