『書物の迷宮』予告篇

思い出したように本を読み、本の読み方を思い出す

飯沢耕太郎