読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『書物の迷宮』予告篇

思い出したように本を読み、本の読み方を思い出す

稲生平太郎『アクアリウムの夜』

うまく言えないけど、読後感が物凄く物憂い。
前に『アムネジア』を読んだときの感触も、「消化不良」じゃなくてこの「物憂い」だったかも。
物憂いというよりもっと拒絶反応っぽい感触もあるんだけど、この本が嫌いとか面白くないってことじゃないんだよなぁ……。
感想不能。