読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『書物の迷宮』予告篇

思い出したように本を読み、本の読み方を思い出す

Privoxyで広告除去プロキシを作る

How to Block Internet Advertising | Macinstruct
これを参考にやってみた。
Privoxyというのは、webページ閲覧時にHTMLをフィルタリングするソフト。*1
インターネットとブラウザの間にPrivoxyを挟んで、そこで広告を除去してからブラウザに回す、という感じかな。
まずは必要なもの。

PrivoxyPrivoxy - Home Pageから落とせる。
The MacPorts Project -- Home
MacPortsからもインストールできるので、今回はMacPortsを使ってインストール。
MacPortsがインストールされた状態で、ターミナルから

% sudo port -d selfupdate
% sudo port -d sync 
% sudo port install privoxy

で、インストール。インストール終了後は再起動。
元記事では、インストール終了後に/Libraly/Privoxy/StartPrivoxy.commandを実行しているが、MacPorts経由の場合は不要。
「システム環境設定=>ネットワーク」から、プロキシを設定。
web プロキシとsecure web プロキシをそれぞれ127.0.0.1:8118に設定。
正しく設定できていれば、以下のURLからPrivoxyの設定を変更できる。
http://config.privoxy.org/
default.actionというファイルをeditして、set to Cautious/Set to Medium/Set to Advancedのどれかに設定して終わり。
Privoxyの細かい設定はPrivoxy - Home Pageとかでユーザース・マニュアルなどを参考に。
広告が取り除かれて、表示がスッキリ*2

*1:ProxomitronというにたようなソフトがWindowsにあったような。

*2:追記:当たり前だけど、Privoxyが落ちると、どこにも繋がらなくなる。プロキシ非経由の設定を残しておくと、面倒が減る。