読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『書物の迷宮』予告篇

思い出したように本を読み、本の読み方を思い出す

津原泰水『赤い竪琴』

書籍

津原泰水『赤い竪琴』読了。
彼の鉱物質の上に神経が巡らされたような文章、それがときどきグズグズと肉質の柔らかいものに変わるところが好き。
今回は前者を十全に楽しむことができた。物語の種別的には、この小説は恋愛譚に分類されるかな。
津原泰水の書く文章に神経(?)を感じているのか、それともその登場人物に神経を感じているのか*1、よく分からないけど、その辺が特に好きなのだよなぁ……。
最近、文章の読みかたがまた変わった影響か、津原泰水の面白みについても、評価のしどころが変化していた。『ペニス』とか『綺譚集』を読み返してみたいところ。
次に読むなら『ピカルディの薔薇』かな。中井英夫とらんぷ譚』→皆川博子『薔薇密室』→『ピカルディの薔薇』という流れをお薦めされるなどしているので。

赤い竪琴

赤い竪琴

*1:神経質という意味ではなくて。