『書物の迷宮』予告篇

思い出したように本を読み、本の読み方を思い出す

小説家の人となりとその小説の評価は分けて考えろとは言うけれど,限度があるような.

読む予定リストに入れてたけど,別件からの繋がりで書評とかいろいろ調べ直したら,買う気が失せてしまった…….