読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『書物の迷宮』予告篇

思い出したように本を読み、本の読み方を思い出す

暗黒未満がクラスチェンジするための書籍リスト

よく分かりませんが自分は暗黒女子*1らしいので、それっぽい本のお薦めでも書いてみようかなと。
「耽美・異端・グロテスクに対する理解・共感」といった方向性でまとめてみようと思います。以下タイトルは適当です。
あとあまりマジメに本の解説をする気もないので独り言を書いておきました。

暗黒女子学入門

ジャスミンおとこ―分裂病女性の体験の記録

ジャスミンおとこ―分裂病女性の体験の記録

充ち足りた死者たち

充ち足りた死者たち

八本脚の蝶

八本脚の蝶

氷

血みどろ臓物ハイスクール

血みどろ臓物ハイスクール

松井冬子 一 MATSUI FUYUKO I

松井冬子 一 MATSUI FUYUKO I

松井冬子 2―MATSUI FUYUKO (2)

松井冬子 2―MATSUI FUYUKO (2)

そもそも「暗黒女子」というのがすごく適当な語なのであまりマジメに考える意味がないのだけど、そういう言われ方をすると連想する本。

唯美主義入門

天国に結ぶ恋 (1)

天国に結ぶ恋 (1)

春ノ虫虫―田村マリオ短編集 (F×COMICS)

春ノ虫虫―田村マリオ短編集 (F×COMICS)

ヘルマフロディトゥスの肋骨―山本タカト画集 (Panーexotica)

ヘルマフロディトゥスの肋骨―山本タカト画集 (Panーexotica)

KATAN DOLL/カタンドール

KATAN DOLL/カタンドール

KATAN DOLL fantasm―天野可淡人形作品集 (Panーexotica)

KATAN DOLL fantasm―天野可淡人形作品集 (Panーexotica)

カタンドール・レトロスペクティヴ―天野可淡人形作品集 (Pan-Exotica)

カタンドール・レトロスペクティヴ―天野可淡人形作品集 (Pan-Exotica)

バイロス画集〈〔第1集〕〉 (1979年)

バイロス画集〈〔第1集〕〉 (1979年)

山崎俊夫『美童/神経花瓶/玉虫秘伝/古き手帖より/夜の髪』
よく「耽美は俗っぽい」ということはどういうことについてか考えてる。

幻想の彼方へ

夢の宇宙誌 〔新装版〕 (河出文庫)

夢の宇宙誌 〔新装版〕 (河出文庫)

山尾悠子作品集成

山尾悠子作品集成

黒瀬珂瀾第一歌集『黒耀宮』
多田智満子詩集 (現代詩文庫 第)

多田智満子詩集 (現代詩文庫 第)

未来のイヴ (創元ライブラリ)

未来のイヴ (創元ライブラリ)

カストラチュラ

カストラチュラ

月の神殿―恋月姫人形写真集

月の神殿―恋月姫人形写真集

物事には「極北」と呼称される類いのものがあって、大抵そんなところに行き着く必要などないのだけど、それならそもそも「生きている必要」なんてものもないな、と思っている。

閨房哲学

性倒錯の構造―フロイト/ラカンの分析理論

性倒錯の構造―フロイト/ラカンの分析理論

家畜人ヤプー〈第1巻〉 (幻冬舎アウトロー文庫)

家畜人ヤプー〈第1巻〉 (幻冬舎アウトロー文庫)

家畜人ヤプー〈第2巻〉 (幻冬舎アウトロー文庫)

家畜人ヤプー〈第2巻〉 (幻冬舎アウトロー文庫)

家畜人ヤプー〈第3巻〉 (幻冬舎アウトロー文庫)

家畜人ヤプー〈第3巻〉 (幻冬舎アウトロー文庫)

家畜人ヤプー〈第4巻〉 (幻冬舎アウトロー文庫)

家畜人ヤプー〈第4巻〉 (幻冬舎アウトロー文庫)

家畜人ヤプー〈第5巻〉 (幻冬舎アウトロー文庫)

家畜人ヤプー〈第5巻〉 (幻冬舎アウトロー文庫)

少女コレクション序説 (中公文庫)

少女コレクション序説 (中公文庫)

[asin:393402033X:detail]

このみじめな地球の上に誕生してしまったからには、せいぜい己れの趣味と気まぐれの範囲を拡大し、あらゆるものを快楽のために犠牲にして、辛い人生にいくらかでも薔薇色の彩りを添えようと努力すべきである
マルキ・ド・サド『閨房哲学』

相反するものの交錯

香水―ある人殺しの物語 (文春文庫)

香水―ある人殺しの物語 (文春文庫)

綺譚集 (創元推理文庫)

綺譚集 (創元推理文庫)

ブラッドハーレーの馬車 (Fx COMICS)

ブラッドハーレーの馬車 (Fx COMICS)

フランケンシュタインの花嫁―三浦悦子人形作品集 (Pan‐Exotica)

フランケンシュタインの花嫁―三浦悦子人形作品集 (Pan‐Exotica)

ZOO [DVD]

ZOO [DVD]

フリークス [DVD]

フリークス [DVD]

美しいものは美しいし、醜いものは醜い。
しかしそれが混じり合うあたりでは、「きれいはきたない、きたないはきれい」ことになる。好悪の情さえ危うい場所においては、美醜それ自体は意味を持たず、ただそれの強度のみが問題になる。


あと、どうでもよいのですが、人をカテゴリ分けするときは心のなかでこっそり分類しておけ、という気がしないでもないです。

*1:Twitterの一部界隈での内輪ネタ。